月別: 2018年10月

tesla

いつも読んでいただきありがとうございます。

実り多い秋になりました。そしてHalloween

今年は関西の震災、北海道その他諸外国での環境の変化において自然災害
また台風などのさらなる被害があるなど関西の樹木類は多くの倒木になってしまったりもありました。
こちらを読んでいる皆さんはこの地球の変化をどう感じていますでしょうか?
そして同時に今年の初めにお伝えした戌年(犬)Dog year(テクノロジーの急成長)変化の年になるといったお話をブログなどに通じてお伝えさせていただきました。
この急速なテクノロジー、情報のビッグバン、ロボットやAIなど様々な変化が次々に変わっていっています。
静的なところからsnsはじめ動画が主流になりました。特にLIVEなど。
instagramなどもほぼどんどん利用者や利用の仕方も大幅に変わっていっています。
ただしSNSの恐怖もあり、なんでも仮想現実的なこともさけられません。
イーロンマスクさんなども話していますがsnsに投稿するときは普段よりも良い自分の状態を撮影し、少しでもゴージャスに少しでも今の自分よりも良いところを見せようと、さらにでデザインの加工が容易に行える機能がどんどん充実しており本当の現実の自分からずれがどんどんでてくる。今度はそれに合わせていかなくちゃいけないなど現実離れしているものも多くなっていきやがてリアルではないバーチャル世界の自分が出来上がっていくなどして気を付けるべきだとも言っていました。
本当に進化も激しくライバルなど同業も自分のエリアだけではなくすぐ隣の国といっていた垣根もどんどんなくなり、何をするにもグローバルでの現代に意識をしていかなくてはいけなくなりました。
レジはセルフまた無人になっていき、自動運転で掃除はなされ、自動車やその他のものもどんどんAI,ロボットなどに置き変わっていきます。
この変化はあなたにとって怖いでしょうか?それとも楽しいでしょうか?

私は恐怖がないとは言えませんが楽しみにしています。
なぜならすべてがオートメーション化されることによりやりたくない、めんどくさい、自分でやらなくてはいけなかったことや自分以外の人に頼みずらかった内容も
すべてロボットやそのAIやIOTといわれるネットワークとマシンなどの「モノ」がやってくれるので自分のやりたいことに時間を有効に使えるようになるからです。

例えば移動するのになぜわざわざ自分が運転しなきゃいけないのか?
なぜこんな書類一枚を相手に(しかも書類そのものが大事なのではなくその中に書かれている内容データが重要)届けるのにパソコンやスマホなどまたは郵便や人に渡してこれ届けといてといわなきゃいけないのか?

領収書一枚の紙のための処理になぜこんなに手間がかかるのか?これもアプリでパシャだけで現代は終わりですよね。

ご飯が食べたい。しかも健康なものがいい。自分では作ろうと思えば調べたりすれば作れるかもしれませんが他の作ってくれる人に頼む。その頼む工程からやり取りそのものの手間とか。ただ目の前に自分が欲しいと思っている食事が出てくることが目的なのにたいして、レストランとか、食材のデリバリーとかコックとかネットでの支払いとか待ち時間とか、使用器具やそのそもそもの作る環境とかそういったものが一切なくなったらどうですか?

家の一部が壊れた。。。これをなおせる人を探す、お金のやり取りとか、見積もり対応とか、相場とかそんなものもいちいちチェックしなくてもいいし、
旅行に行くのにいろいろな弊害となっているもの、またその資金そのものとかそういう手続きとか。簡単に言えばドラえもん風にいえば「どこでもドア」 ドラゴンボール風にいえば「瞬間移動」です。がみんなできたらこれら移動に関係する企業、部品や材料、サービスに関係する企業そのものが必要ないわけです。

皆さんはなぜは働くのでしょうか?お金が欲しいから。仕事が楽しいから。仕事している自分が好きだから。仕事しているときに見られている自分のポジションがすきだから。居心地がいいから。・・・・働くことそのものではなくやっていることそのものに価値を自分自身が感じられるかです。何時間も仕事していてもいいし仕事だと思っていなければ。給与という形でその時間それだけやったからその分もらえるかというのとも違います。ただし起業家であっても自分の時間に対する報酬は大事です。それを意味不明な能力の低い人達相手に時間を奪われたくありません。

ふと考えてみました。そもそもロボットがいる時代になぜせかせか働くのか?

しかもオンラインに対してもオフラインに対してもです。ブログやsnsの投稿もです。

今回は一気に書きました。タイミングが来たからです。

 

芝刈ロボット 2018年NEWバーション 発売  詳しくはこちらをクリック

なぜSNSでみんな自分以外に演出した自分に一生懸命時間やお金を費やすのか?

ちょっとでもかわいく。ちょっとでもきれいに。少しの間僕はSNSをやめてみました。とはいっても発信のみですが。

そこであることに気づいたのです。慣性の法則。

これは発信する側も受信者側もです。

有名アーティストや芸能人やモデル、セミナー講師といわれる人たちもsns上では盛んです。youtubeは盛んです。ライブストリーミングを使ったコミュニケーションサイトやアプリはドンドン出てきます。
わたしのinsta見てください「。私のfacebookも観てください。などなど いつもの日常ですということを日記として利用するべきsnsがいつの間にか非日常の私を演出している画像や動画なども多数あります。

すごいんですと思われたいみたいな。セレブなんです。

とかリアルをより身近にするためにあるべきものがどんどんエスカレートしていっているようにも感じており。sns疲れではなく、バーチャルそのものに疲れている人たちも少なくないのではと思います。
ゲームやオンライン上にあふれているサイトもしかりです。なぜなら検索して上位にくるのはいろいろ今はgoogleの検索基準とはいえ、SEOやそれらができるエンジニアなどにしっかりお金を払っているところがなんだかんだ言っても上位に来ます。昔とは検索のボットの基準が変わったとはいってもです

みながみなこの検索表示にお金を一切どこもこれにかけてはいけないというルールであればわかりますがやはり全くかけてないとこより全くおんなじ情報を検索サイトに1000万円かけているところと0のところではどっちがいい情報なのでしょうか?答えはどちらも同じです。価値としては。
しかし1000万の対策をしている側が良い情報になってしまいますよね?信用できるとかそういうものではありません。

全く同じ情報ですから。
なにかお気付きになってもらえれば私の務めとしては幸いです。だから上位にでてくる情報が果たして本当に正しいと100%言い切れますか?

snsLIVEからのセミナー告知、ワークショップ告知、コンサート、お店などのバーターパーフォーマンスの告知 などなど
皆が皆、飛び交っている情報のなかにこれらの情報も多数埋もれています。つまり一流といわれている人たちまでもがこういうのに投稿するために時間も費やしているわけです。しかもオンライン用の自分演出やセッティング、一緒に出てくれる人や周りの演出も費用そのもの含めてです。

批判をしているのではありません。やめろとは言いませんし、やりたい人はやればいいと思います。見たい人は見ればいいと思います。ただ真実を述べているまでです。
オンラインを通じて超一流という人がライブでなにかを発信している。私も見ます。しかし現実的に皆が皆やれるツールでやっていて一流だからやっているとかそういうものでもいまはなくなってきました。昔はテレビに出ている人はどんな人でもすごい人のようなイメージがありました。PCもなければネットワークもなかった。それしかなかった。しかし今はそれが逆に働いていることも言うまでもありません。もちろんすべての人がというわけではなく、作られた番組や潜在意識下に勝手に刷り込ませているイメージなどもろもろです。
少し脱線しましたが、

なぜこの時代にせかせか働きたいですか?この質問です。

なぜそんなにすごい人だと思われるためのオンラインに時間やお金を使いますか?
ロボットや良いマシン、AIなどテクノロジーが処理してくれる時代にそれでもオンもオフも走り続けるのでしょうか?
パートナー選びも大事です。これからの大きな変化の中で一緒にいる人。それは生活や仕事のときもそれ以外のすべてにおいて
なぜなら一緒にいる時間が一番ながく信用できるのが親含む家族の情報い以上にロボットやAIになるといわれています。
一番怖いのがここですよね。そして一番楽しみなのもここです。

親たちもこのロボットに聞いている、頼っている共存している生活、社会なのです。

何かわからないことがあれば、子供がなんでーなんでーとパパ、ママにききます。

昔から今もそうですが、わからないことは先生に聞きなさいと教えられてきました?

今でいえばgoogle スピーカー!?先生!?AI!?的な発想です。

これをパパよりも賢いからロボットに聞いてごらんという時代です。それがそばにあるのですから、子供たちはそうか

この物体はパパやママよりなんでも知っていてすごいのかとシンプルにおもいますよね。

そしてAI達の視点でいえば、あの人が偉い人間の先生!?あんな時代遅れなことばかり教えている人が????となっているわけです。だから先生といっている人にも気を付けなければいけないのです。そんなものは過去のモノ。時代ととに昔のことよりも先に行き過ぎてもよくなく、現代今の時代で合わせてその答えや関係することを導き出せる人であるかどうかが大事なのです。メディアによって作られて有名になった人ほど注意です。有名ではありますが知識があるのか?この先も学びを辞めずに実践している人なのか?です。

でなければすべてAI、ロボットから聞くのが常識の文化になるからです。そんなものアニメを見ていても子供たちは思います。

だって生まれた時からAIがある社会なんですから。親から何を教わるのだろうか?

自分でいっていても怖いですが、私は完璧なんて絶対に言えないし親がまず変なプライドをなくすことが大事だと思っています。

そういうことに関しては偉いとはだれも言えなくなる時代になる。だってAIの方が賢いじゃんって子供は当たり前に思うしそれが普通になるとおもいますので。

街を見渡してみてください。歩きながら、電車やバスまたは車や飛行機や船などもすべてです。スマホなどを眺めている人たちどれだけ多いか。おうちでも、お店の中やどこかで座りながらもすべての行動の中で一番一緒にいるのがスマホとかタブレット、PCなどです。しかもそれらはその機械だけではそのものには全く価値がありません。とくに「電気エネルギー」がないと。

そしてネット回線、中に入っているアプリや使うツールが表示されていないと。電源もなければ、なにか故障していて持っていても使えないなんて、使えないだけでイライラです。そのなかで出てくるいろんな人の投稿に対してイライラしている人や完全依存している人とか。。。

まず庭に行って深呼吸してください。脳にいい酸素を入れてください。脳によいエネルギーやよい目には見えない酸素以外のガスとなっている物質もこういう場所では補給できます。なぜ私がこういう発信をしているのか?

私はエネルギーや地球環境、人類の脳の研究者でもあります。

ただ自分のビジネスの宣伝がしたいからガーデンやグリーンの発信をしているのではありません。自分でつくった庭の作品を宣伝したいから言っているのではありません。自分で扱っている商品やサービスを宣伝したいだけでいっているのではありません。もちろんします。しかし時代やタイミングに応じて必要なものだからです。それ以外のことはこのブログ内では一切出していません。

そしてそれだけではありません。
植物がある環境に行っていただくこと、行動を促すこと、そのためにはまず興味をもってもらうことです。
もしいけなかったとしてもこういうガーデンや植物、緑のきれいな映像や、癒しといわれるものは、医療の分野でも実験ですでに実証積みですが、目で視覚にその植物が全くない絵とある絵を眺めるだけでも脳は反応し、良い方に向上することが結果としてあります。これは我々が人間で動物で生物だからです。
ロボットには視覚認識や触覚、嗅覚などでこれが植物であるという認識はできても脳が活性される、癒されるなどの効果が出るとは言い切れません。
わたくし個人的にはロボットたちにもいずれはそういう環境のほうも生物だけではなく向上する、マシンもリフレッシュ効果が出ると考えていますが。
だからガーデンアーティストでもなければ、ガーデンカンパニーのオーナーであるというまえに一人の人間であり、一人の星そのもの、環境の研究者でありコンサルタントです。
庭のデザインがどうとかどの木がどうしたら回復するかなど樹木医のような学術があるわけではありません。職人的なガーデナーのこともできますが世界には私より優れたガーデナーは多数います。
私はそのなかで一番になりたいとか称賛されたいとかあまり思いません。そんな地球での活動の中の小さな次元の人たちのマインドには全く興味がないからです。その分野で一番になることが目的ではないからです。だれかより輝きたいとか他人と比べて勝ちたいとかあんまりおもいません。それであるならば誰も競合がいないところで唯一私にしかできないことや使命を全うしているほうがいいからです。自分は自分でしかありません。隣の人と比べても意味がないし、同じようなところもあれば違うところがあっていいのです。

またただ漠然に地球環境が良くなればいいなとかそういうレベルでもありません。良くなるのは破壊も必要だからです。
破壊神といわれる神様がいるように。なぜ必要なのかはわかる方にはわかると思います。

なぜ関西がこんな大惨事に!!震災の上に台風が・・・なんてそこにいる人たちは悲惨な思いをされているかもしれません。しかしそこには以前より良くなるためにお金や時間、さまざまな資源が投入、投資されるわけでです。何も起きなければ何も起きないのです。
皆さんはニコラ・テスラはご存知ですか?

(ニコラ・テスラ)

エジソンといえば電球ですが、その交流の現在使われている電気方式はこのエジソンの元にいたニコラ・テスラのモノであるというは今はとくに有名になってきたお話しです。実は昔からなにも変わらない真実ではあったことなのですが。そしてこのひとの言ったこと、未来予測的な発言がものの見事に現代のこのロボットのことや未来のテクノロジー(現在そうなってきている)ことに合致し始めてきました。つまりその時代には輝けなかった人物ですが言っていることは今のこの現代のエネルギー、量子力学や、化学、テクノロジーのことが見えていた人物です。そして自然エネルギーを利用した無限大(INFINITY)な発明や研究ばかりです。
この人は科学者としても有名ですが、わたくしはただの科学者とは思えません。ダーウィンの進化論者が植物学者でもあるように、この人は山奥の大自然の中で暮らし、研究をつづけた人物です。
さてなぜすべての有名な科学者は森とか山奥にひっそり住んでという人が多いのでしょうか?
アニメなどには必ず登場しますよね。天才科学者のイメージ。例えば人造人間を作ったドクターゲロ(これは今でいうところのAI)ですよね。皆さんは人造人間が孫悟空を倒す目的で作られたとはいえ、現在の「超(スーパー)」という宇宙編では17号も18号も人間以上に良い人造人間になっているのを知っていますか?これはクリリンの人間身ある姿に感化されていきます。

17号は自然を守るための唯一の存在となり18号もクリリンと結婚し、子供のためにママをやっており、ブルマやチチなど他の子ども面倒を見たり警官のクリリンを守って、地球を守るなどの人物になって登場していたのを最近知りました。お前は子供かといわれそうですが、この後かいてある「宇宙」や「エネルギー」中二病といわれるイーロンマスクさんのようなものとシンクロします・・・

またワンピースなどでも医者として「チョッパー」の師匠などまた忍者や仙人の修行や武術なども山奥で滝に打たれたり、森の中に住むことが多いと思いませんか?これは偶然でしょうか?
魔女とか特殊能力者や神社や寺のような神が祀られている場所や、スピリチュアルといわれるそのもの類もすべてです。
すべては脳に影響があるからです。農【ノウ】業ということも関係があるかもしれません。
作物には自然のエネルギーが多く含まれています。それを取り入れることで我々は健康な体、脳への働きにも大きく影響があります。加工品より自然の食品を取り入れている人の方が様々なデトックスから体内の悪いものを排出したり、臓器を高める機能があることは言うまでもありません。そしてすべての期間は脳につながっています。心というものは臓器としては存在はしません。それは脳の一部、心臓で感じる反応が出るということもありますが「脳」なわけです。

私は関西地震を今年の3月11日(毎年福島に震災の日は行くのですが朝がたの3時11分に)動画を撮りました。
映像的な部分はうまく取れませんでしたがボイスレコーダーでその時頭の中にあることをなにも考えずボイスレコーダーに向かって話していたのが残っていましたが、そこでは次は関西あたりに地震がくることをお話ししましたがその数か月後ものの見事に的中しました。
これは作り話ではなくただの真実です。他のブログやsnsでもその時紹介しましたが。

なぜそんなインスピレーションがあったのかは車で大自然の中を走り出したときに閃いてアウトプットしようと思い実行しました。
もともとそれをセッティングしたわけでも何でもありません。

よくタッグ(パートナー)の大切さが言われます。一人より2人もちろん大切です。しかしだからといってこれに固執すると痛い目に合うわけです。
2人であれば何でもいいのか?それは明らかに違います。むしろマイナスになることもあるからです。

ジェームスアレンが自然を愛してガーデナーとしての生活をしながら世界のトップといわれる人たちのコーチングやナポレオンヒルなどでも出てくる人物であることはご存知の人も多いかもしれません。
タッグの力。それは1以上の人どおしが組んだ時に発揮される効果であって、ただ群れたり、だれでも構わず一緒にいて仲間だよね~というのは違います。おんなじレベルで群がっていてもおんなじレベルのままなのです。

この人と友達、仲良し~。よく女性に多いですが。特にsns社会にありがちです。

1+1は2以上になればよいですが、組む人を間違えると2どころか1以下になることもあります。

ただだから誰かと組むのは間違いだといっているのではありません。勘違いしないようにしてください。snsなどのオンラインだけの情報などに頼らないということです。

またこの人と握手できる権利とか、一緒に写真が取れる権利とか。
これは相手が望んでいて、一緒にプライベートでご飯にいったり、旅行にいったりして撮るならいいですが、その写真を会場に来た人には限定で一緒に撮る権利的なことが「一つのプランや戦略のようになっています。」
例えばそのイベントに行ったから。vipプランでお金を高く払ったからとか・・・そういうものもたくさんあります。この場で本とかCDとか絵など作品買うとサインがもらえる。握手ができるとか。。。

そこの撮った写真を今度はsnsにアップして、別のセミナーとかイベントで使ったりして、私はこの人と知り合いなのだというようなことも最近多いです。簡単にSNSに投稿されていきます。
それは本当に知り合いなのでしょうか?

それを信じてしまっている方もそうですがそれを使おうとしてまで売り込もうとするのかということです。
この世の中のほんとに一般に出てこない偉人といわれるような例えば秘密結社のような、世界経済を動かしているほんとのすごい人たちがこんな写真をセミナーにきて一緒に撮ろうとするでしょうか?

本物の本物の人がです。

そういう写真ではなく、よく昔でいうところのほんとに家族との写真とかのなかにあなたと会えたから撮ったような普通の思いで写真の方がはるかに価値が高いと思いませんか?
あえてそういうものは隠した方が価値が高かったりします。今は何でも情報化社会となり何でもありなので何でもだしまくる人もいます。
いままですごい人に思えたような人たちも逆にこの効果によって価値が薄れたりします。だれでもお金払えばいいんだ。のようになってしまうわけです。

一緒にいることでプラスにならなくてはいけない効果がマイナスになる人もいるということを天才といわれる孤高の人たちは理解しています。
けして孤独を愛して、ただ一人が大好きで人嫌いでめんどくさいからいたいわけではないのです。生きて時間がある間に一緒にいる人の時間を共有する中で
害になるものを理解しています。それは人間以外の生物や食品や情報などもそうかもしれません。

そして自然とはなにかを多く理解しているからこそそういうアイデアやそういうものが生み出されるのです。

本当にすごい人達はそういうのをそういうメディアでは公開しません。こういうことをしなければいけない人達はいいねがいっぱい入っているからというものではなく、何が本当に大切なのかを理解しなければいけません。でなければインスタ芸人のように言われたり

snsの罠にまんまとはまることになるのです。とイーロンマスクさんもいっていました。

それと先日さくらももこさん「ちびまる子ちゃん」で有名な方がなくなりメディアでも取り上げられていました。
ちびまる子ちゃんは私も世代なので見ていたこともありました。
ちびまる子ちゃんの内容が伝えたかったのではありません。オープニングテーマに出てくる BBクィーン、E-gailsも歌う「踊るぽんぽこりん」の歌詞に出てきます。
「エジソンは偉い人」そんなの常識・・・・・という歌詞。
ここでなにか思いませんか?
エジソンは偉い人!?そう  エジソンは偉い人という認識です。つまり本物の科学者ではないということです。天才ではないのです。
この人は今でいうトランプのように実業家です。ビジネスマンとして有名なのです。それは悪いことでも何でもありません。
天才が周りにいてそれを世の中に出すことに長けているビジネスマンタイプの人であってもともとの電気を発明した人ではありません。
松下幸之助のようにそれをシステム化、経営者としてよいもの、時代に必要なものを商品、製品化し、流通させた人です。

だから偉い人なのです。
今の電気の発明は先ほどお伝えしたようにニコラ・テスラや数々の発明者たちのアイデアを流通させることをした偉大な人物です。これはこれで素晴らしいことです。
何がいいたいかというと、例えば最近では「安室奈美恵さん」の引退。

安室奈美恵さんは世界的にも素晴らしいアーティストです。しかしこの人一人が天才であっても意味がないのです。この人の周りにはavexや小室哲也など、数々のバック側の流通させるエジソンのような企業や人物がいたからここまでの有名な偉人となっているわけです。
APPLEのスティーブジョブス  。先日日本に一緒にAPPLEを作った。スティーブウォズニアックさんがお話ししていました。彼とは大学時代からの友人でウォズニアックのMacのAPPLEコンピューター(オタクがつくった作品をみてこれを広めたプロモーターがスティーブジョブスです)そもそもジョブスに刺激されなければAPPLEを世に出そうとは考えてなかったといっていました。天才といわれる人たちがつくったものそのものだけでは
まったく価値を持たないのです。安室奈美恵さんの曲は僕も大好きですが、世に出してくれるプロモーター側の支援の方がよほどもおおきな影響力があるわけです。

皆さんは「演歌」はご存知ですか?本来は「艶歌」。これも昔はこんなジャンルなくすべては歌謡曲だった。これを五木寛之さんという小説家のひとが今の「演歌」の定義をつくったといいます。
もっとかっこいい定義がありますが、歌謡曲とは違い簡単にいうとひとには言えない心の悩み、恨みを言葉にしてリズムにして歌うもの。ここには今では有名な宇多田ヒカルさんの亡きお母さん藤圭子さんが出てきます。10週連続1位になるなど演歌の走りにも登場するそうですが、こういうのをひも解くと結構面白いなとおもいました。
結局はこの艶歌そのものではなくそのジャンルを築き上げたプロモーターがいるわけです。そのプロモーターたちはスティーブジョブスやエジソンのように偉い人となります。
これとガーデンと何が関係するんだと思うかもしれませんが大きく関係することを今ではなくそのタイミングが来る前から気づけているか、それともそれが来た時になってから気づくのか?それとも全く気づけない、感じられないのか?の3種類しかいないということです。
ここに大きなポイントがあることを知ってもらえればと思います。
今回のインスピレーションのキーワードは植物、自然です。

そして今常識といわれている、また皆さんが教えを乞うている人間の先生といわれる人たちすらも気づいていない非常識といわれていることが常識化してきます。

なぜ音楽の話題もところどころにちりばめ触れているのでしょうか?

 

そしてイーロンマスクさんがテスラモーターをやっていてなぜ宇宙や電気エネルギー系のテクノロジーをやっているのでしょうか?

これらも「Synchronicity」としておきます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

世界有数 横浜イングリッシュガーデン、星の王子さまミュージアムなどでも愛用の植物のハイクオリティトリートメント(肥料)のサービスはこちら

 

Categories: 未分類