オーガニック☆organic☆

04

庭に1本の木があればそれに虫 (アブラムシやイモムシ)がきて、さらにそれを食べようとてんとう虫やカマキリもやってきて、小さな生態系が動く。アブラムシは害虫ではなくそれをたべる色んな虫たちの餌になることで生態系のバランスを保つ存在である。

雑草たちも厄介者ではなくどんな環境の悪いとこでも生えて土を豊かにしてくれる。またそれを、その栄養分をたべる生物もいる。といきなり意味不明だと思いますが・・・笑

今回はオーガニックガーデンの考え方『mind』をつたえたいとおもいます。

 

虫が集まり、クモのすが雨上がりに輝き、木の枝には虫たちを食べようと鳥がくる。鳥や虫によって種が運ばれ、芽をだし、根をはり、土のなかでは微生物たちがひしめく。そんな生き物同士のつながりネットワークを作るのが庭である。

 

この庭というものが存在しなければ人間をいかすためのライフライン、呼吸(二酸化炭素を吸って、酸素を作る)植物、また人間以外の生物たちもを生かす源になっている。

なので庭の手入れを頼まれる際によく虫や動物と遭遇します。

なにかを作るために植物たちを整備、撤去、排除すると、たくさんの虫やなかには動物も棲みか、食べ物がなくなってしまい次の棲みかを求めてしゅつげんします。また怒って攻撃してくるものもいます。

無農薬の庭にする。

農薬をなくす(殺虫剤や殺菌剤、除草剤)と化学肥料をやめてみる

と虫が大量に出るんじゃないかと恐れる人もいるが、それも最初だけ。アブラムシやてんとう虫、いもむし、毛虫などアシナガバチや鳥に食べられるなどでそれぞれの天敵(餌を求め)呼び寄せます

またオーガニックガーデンとは

・多様であること。なるべく多様な生き物が集えるようにし、モノカルチャーで大量に作られたものは避ける。

・循環すること。人間が生態系ピラミッドに入れないのは燃やせない。土に埋めることもできないゴミを出しているからだそうです。土に戻るかどうかもオーガニックの観点では重要なポイントである。植物の葉や虫の死骸などは土に還ります。

・地域特性があること。日本を西と東にわけるなど、日本原種のものか、帰化植物でも移入されてから長い年月を経てきているものをなるべく使うようにする。

最後に秘訣は楽しく使える庭になっているか。

使いやすければ庭に出るのが楽しいし、植物の変化にいち早く気づけます

様々な事象を深く見ることで自然界は実は見えている以上のことを私たちに教えてくれる。居心地のよさ。環境、ー場所。サスティナブル(持続可能な)ユニバーサル、エコロジカルな庭がオーガニックガーデンです。

使いやすい庭にするには

蚊が多い、雑草が多くて庭に出るのがおっくうという方の原因のひとつに庭に出にくい構造ではないかということがよくあります。

庭に出やすければ植物を見る機会も増える。すると、手入れも行き届き食害する虫を早めに発見でき、農薬を使わず対処できる。ちょっとした虫なら手で処理できます。

そんな庭なら子供もペットも安心して遊ばせられる。庭にでやすくするウッドデッキをつけたり、手すりやフェンスをできるだけつけず広い縁側で開放的に水場を思いきって庭の真ん中につくり水やりしやすくしたり、構造を変えてみる

花壇を持ち上げ式の『レイズドベッド』にするとかかがまないで植物と接することができます。 体が不自由な方にもおすすめ 縁に腰掛け作業するなら高さは40cm,もたれかかるようにしたいなら70cmが基準。それを使う人によって調整可能です。

ここに40cm位の高さで芝生を敷くとフカフカベッドになる

ここにキャスターとかタイヤをつければ可動式になり大変便利です。

ベンチや作業台を組み合わせると体の不自由な人、ー高齢者もすわりながらの作業ができる。車イスのまま使えるユニバーサルデザインにもできます。

 

カエル君やトンボさんは蚊やボウフラがいないと生きていけない。つまり

トンボを増やすには蚊が必要になってくる。トンボは人間にはそんなに危害を与えないので蚊取り戦法でトンボを飼えばいいのかもしれません。

 

オーガニックスプレー

よく自然に優しいとうたっている市販の殺虫剤なども殺虫するための目的で、それを液状にして、長期保存できる状態、しかも植物にて展着しやすい薬剤の方が環境に与えるダメージが大きいものもあるのでご注意下さい。

 

ドクダミ(公園などで農薬が撒かれていないもの)ニンニクやトウガラシも無農薬のものを

木酢液は安売りのタールが多くふくまれたものは避ける

これらを漬け込んだものが希釈500~1000倍にしてこまめに使う

殺虫作用が強いのでお勧めです。

ただ、生態系を理解できるとほとんどの虫が成虫になれるのは1%以下だそうです。

小鳥はイモムシ、毛虫を食べてくれる

シジュウカラ :黒いネクタイをしたような、都会でつーピーつーピーとなく 40歳になったオッサンではないですよ(笑) 鳥のことです。

椿にシジュウカラの巣箱をけておくとチャドクガ(毛が触れただけでも数日皮膚がぼこぼこになって痒みが激しい 毛虫)の大量発生を防ぎやすい。

アシナガバチも巣に直接触れなければ攻撃してこない

捕まえたイモムシ、毛虫を団子状にして巣に持ち帰るので人間と接触ない場合は巣を壊さないようにしてあげる

 

狩ハチは竹などの筒状の穴に卵を産む、その幼虫のためにイモムシ、毛虫を運んでくる

クモのすは蛾の幼虫、小さなむしを食べてくれる

日本では嫌われるが、ドイツ等ではクモのす用の枠が普通に売られているらしい。

ただ、農薬を撒くのではなくこういった自然界、生態系の仕組みを改めて、システムに取り入れて見てはいかがでしょうか?

 

ライフスタイルにおいてのオーガニックの基準

05

食品など選ぶ際、生産者の顔が見える、生産の過程が想像できるものを最近は増えています。

また有機JASマークがあるものなど

(有機JAS規格で定められた基準を満たし、検査員による検査をうけ有機認定を取得しています。)

(現在畜産物、水産物、酒類)などの食品に限られている

化粧品、衣料品等には適応してません。

 

有機栽培と自然栽培の違いは

今、オーガニックを求め、手間暇かけ、有機や自然栽培で農産物を育ててる生産者から直接個人宅配で買う人も少なくありません。

農産物の生産過程で、慣行栽培は我々がスーパーで手にする多くの一般的な野菜や果実、加工品の原料になっている農産物栽培法です。

ちなみに余談ですがゴルフ場は50種類の農薬を使用しているそうです。

有機栽培(jas)は農薬の部分は一定の使用を認めている

推奨の肥料はJasに認定された農場でとれた作物の残りや付近に生えてる植物の残りものがよい

ただし、悪天候など予期せぬ出来事での作物の生育などがおぼつかない場合はやむをえない場合に限り使用が認められている肥料(牛ふん含む)

自然栽培は生産者ひとりひとり違うが共通するのは科学的に合成された農薬や化学肥料、土壌改良剤を使用しない栽培のこと

自己申告制になっており、公的機関の認定の必要はない

生産者はそれぞれ違いその生産者の信頼がとても大事です。中には宇宙の力までを取り入れた地球と植物のリズムを考えて栽培するところもあります。

目指すところは基準が大事ですが科学は日々進化し、人体や環境への負荷がすくないものも増えています。

何をもって安心か安全として選び、その判断は消費者に委ねられています。

今年の漢字は『安』

オーガニックとは、本来の生命力を最大限に生かすためにあらゆるプロセス、人間関係、自然との調和を有機的に保つことが理念の本質だそうです。

一番は自分で実際食べてみて、触れたり、感じてみることだと思います。

自分が心地よい、本当に美味しいと思う、環境を大事にできるもの、自分や大切な人たちの健康を守ってくれるものなど感じる、実感していただくことです。目にはみえない本当の価値に気づくきっかけを与えてくれるはずです。

62682945fb027f2ee95e5e9d8e2d9ab5

そこで弊社はオーガニックフラワードレッシング『Flower kiss』を2016年新春特別感謝キャンペーンにてお試し価格でご提供致します。

DSC_1422

こちらの詳しい商品説明、生産者の方の顔から生産過程、製造のきっかけ、思いなどこちらをご覧下さい。

http://starflower.jp/?page_id=582

 

オーガニックにこだわった農園だからお勧めする希少価値の高い商品となっております。

03

オーガニックフラワーのカレンジュラという花を使ったドレッシングですが、こちらはまず栄養価がめちゃめちゃ豊富。どれくらいというと他とは比較にならないほどです。

野菜で一番栄養価の高いパセリなら2倍、ニンジンなら4倍くらいあります。

また国内ではオーガニックでカレンジュラを生産しているところがほとんどありません。

☆女性には必見☆食べてももちろんですがお肌に美容液がわりにエキスを塗っても美容効果が以上に高いことが証明されております。

オイルとの相性もよく色々な形で人体へのサポートをしてくれる超万能なお花なのです。

先日、私も東京で行われたサイボーズの社長様と軽井沢に本社を置く星野リゾートグループの社長様の対談を一番前のセンター目に前の席で講演を聞かせて頂きましたが
星野リゾートグループ等でもこちらの商品の取り扱いが始まります。また日比谷花壇はじめ生花店、飲食店、美容業界などでも取り扱いがございます。
ただ、現状オーガニックにこだわった生産の為大量生産しておりません。生産量も少なく、希少価値高い商品開発に力を入れているため限定での販売になります。

今回は美味しくヘルシーを実感していただくためのきっかけとなればということでのエディブルフラワー特別キャンペーンになります。
 

今回はこちらの高級フラワードレッシング通常小売価格2000円/本(税別)の商品がなんと

2本で『2016円(税込) 』税込 2本で『2016円(税込)』です!2016年2/16までの予約発注確定分迄となります。

19

なおこちらの商品人気があり現在在庫がございませんので予約受付で順次発送とさせていただいております。

次回は1/下旬に入荷致します。ご希望のかたは下記お問い合わせページよりお問い合わせください。

starflwer☆

http://starflower.jp/?page_id=128