ご覧いただき誠にありがとうございます。

もう春ですね、突然ですが何色が好きですか??

虹は7色ですが、僕は緑が好きです。といいたいところですが。。。

植物にとっては何色が好きだと思いますか?

植物が感じる光(白色光)は太陽、蛍光灯、自然灯、白熱球

遠赤色光(人の目には見えない)といわれる光が植物には重要な光を感知します。

でも太陽など光の色の違いなんて人間の目にはほとんどわからないですよね?

人間は目に頼りすぎてますが、光の屈折で目に映るものなんてこの世の中ほんの一部しかないということです。目の前には微生物や多くの光も細菌もホコリ、花粉もあったり、霊や自然界からよく言われるオーラやヒーリングのパワー(マイナスイオン)的なエネルギー目では見えません。でも感じることならできますよね?見えないもの精神の世界に重要な要素にかなり関係します。

なので確実に存在しているということです。

とくに年をとればとるだけ感じることが当然ながら鈍ってくるので信じがたいといってしまいがちですが、日本にはっまだそういう人たちが政治やトップでやっているということも事実です。海外ではこれが常識レベルになってきていると思いますが日本では宗教や文化の違いもありなかなか受け入れる人がまだ少ないのかもしれませんね。spiritualときくと中にはそれだけでまったく通用しない方もいますが私は少しだけキャッチしやすい使命なだけです。また今後高齢化になればこの人間が増えるわけで、今の若い人たちが率先して伝えていったほうがよいです。

種は

赤色の光が大好きで当たるとよく促進されます。

また葉が光合成など発芽に最も適した色は??

赤と青がよく吸収され紺よりスカイブルー 赤より少し茶が混ざったぐらいの色が一番吸収されます。

逆に植物は自分が緑だから緑はあんまり好きではないようで吸収されません。。。(笑)

つまり、日当たりの場合でもこの色がよく当たる植物はめちゃめちゃ成長するということになります。

この色だけにフォーカスして当て続ければ同じ植物も成長が変わっています。

人間もそうではないでしょうか?光が当たる場所は無数にあってもやはり効率のよい光のあたり方ができる環境を知っておりそこにいけば成長率が変わるということです。

なので人間にも十人十色とはよくいったもので自分が大好きな色とはずっと一緒にいたいですが、合わない色も誰しもあるということですね。だから合わない色はすぐ外す。。。

とくにこういう相性的な話は女性の方が好きそうですが。また同じエネルギー同士は磁石のようにあわなくなってくるそうです。逆のエネルギー同士の方がピッタリあったりします。

地表面にいる種たちは自分が茂った葉の下にいることを知っています。

だから発芽しても必要な光が自分にあたらないことがわかります。そうなると控えます。木や草の陰では種は発芽しにくいといわれます。それは暗いからと思われがちですがそれだけではありません。まず光合成に利用できる色が青と赤が少ないからまた地表面に発芽を抑えてしまう。

遠赤色は阻害の多い色なのですがそれが多く来てしまうのを知っているのです。

なので草を刈ったり、木を倒すと光がはいり多くの種が発芽し、これらの赤色光が多く当たる地表面で機会をうかがって待機していたのです。植物の賢い選択です。

人間も普段誰もが努力をしています。私もしていますが。ただ無駄な努力に時間ばかりかけていると逆に疲れるのはあたりまえですが無駄な疲れが増し効率が非常に悪いです。

ずーといい状態の人なんてこの世には存在しません。時間が流れ、全てのものが常に変化している世界に住んでいるのですから、人間の体がエネルギーの塊ですのでありえないのです。

また自分のペースを知って光の当たるタイミング、周期やリズムをコントロールできるようにならないと徒労やストレスが増して病気になったり、人を傷つけてしまったりしています。光が当たるスポットやタイミング、リズムを知って今すぐ輝けなくてもいつかきっと一気に跳ね上がるための準備期間も必要なのです。

3月に雨が多いのは桜もそうですがこれからあたたくなり多くの樹木が一気に芽吹き、花を咲かせ葉が伸びて一番成長していきます。そのためには水が必要なのです。人間にとっては今日も雨かとがっかりする方もいるかもしれませんが、植物にとってはラッキー!であり、またこの時期に雨が降らないときれいに輝く花(BRIGHT Flower)を咲かせたり、春を過ごし、樹木が一気に伸びる為にどうしても必要なことなのです。そして暑くなる夏前に梅雨があるのも自然界のためです。天気ももともと人類のために作られていないということですね。暑いの寒いの冬は植物の休眠期間なども含め自然のためにすべて地球が設計されており、季節があったり、気温の変化があるのです。

だから人間様が一番偉いんだといって自然界にたいしてやたら滅多にオゾン層を破壊していて、グリーンに対してなにも感謝や還元もしないような人間は神からみたらどうみられるでしょうか?事故が起きたり、突然、命を失ったりしてても文句はできないかもしれませんよ(汗)

第10回のブログの続き

大震災や災害で停電が起きた場合・・・、近所の方が建物が壊れて電気が使用できないとなると、生活はおろかライフラインがほとんど止まります。
日本だけでなく世界中でこの動きが現在でており、少し前までは色々他にお金がかかってということも多かったそうですが、
現代はItと結びついており、スマホやパソコンなどでも簡単に電気の状態がすぐ確認できたり、メンテナンスも確認できる時代です。また様々なものと連動して前から太陽光発電はありましたが、時代の流れと人の空気、コマーシャルなどの動きをみればわかると思いますが、日本においては今ちょうどタイミングなのです。ほかの国では既に多くが取り付けられており当たり前です。

それだけ他国ではグリーンに力をいれ国民それぞれがエコを認識してるということです。

補助金も期間がすぎればなくなり、余って他国に売るなどになるぐらいなので増えすぎてしまったら投資の還元率も落ち、制限なども出てきてしまいます。
新設するのに多少工事費用などはかかりますが、確実に経済的で戻ってくる投資です。ましてや100%以上になる投資です。
おうちのデザインをもっとよくしたいのでいい材料を使いたい、ご家族で旅行にいったり美味しいものや豪華なディナーもいいと思いますがそういう明日になれば思い出は残っても物的価値がなくなってしまう消費の買い物とはまるっきし違い、環境や経済、ご家族のためだけでなく、世界、地球全体が認めている動きです。そして必要な電気が作れる。

また事業者であれば企業としても株も大きく評価されるのではないでしょうか?

ご興味があればそれをふまえたあなた様にとってのプランをご提案いたします。
なぜなら皆様ご家庭事情は全世帯違うからです。
もしお隣に住んでる家族と同じ建物に住んだとしても家庭それぞれが違う環境で生まれ育ってきており、その親やそのパートナーの趣向や状況で全く異なります。
もし同じものを買うにしてもなぜそれが今必要かが重要なのです。
なぜ今じゃないといけないのか?

もし3年後に大きな災害がほかの地域で起こったら、お金の寄付やその他の資源もいいですが、真っ先に必要な電気の寄付もできるのではないでしょうか?

もし、前回の大震災時にそのようなことが可能であったならもっと多くの方のお役にたてたのではないでしょうか?ただ、過去は戻りませんがその過去から学ぶことは多々あります。

既にカーポートなどのようについてるものもありますが簡単に後付けできるタイプなどもご状況に応じてたくさん種類はありますのでご興味があればその方に合わせたプランを提案いたします。

またビル、マンション等に太陽光パネルの設置希望者も募集しておりますので。ご相談ください

★ほとんどメンテナンスフリーの屋上緑化についてのご案内★

苔緑化の3大メリット

スナゴケの特徴

1 成育場所 日当たりの良い場所に生息する苔植物(蘇類)で、砂地等の無機質で乾燥する場所にも群落を形成し成長します。-20℃70℃までの耐寒・耐熱性を備えています。
2 成育 35年で3cm程度に成長します。下部から枯れて死んでいき、上方は連結しあい半永久的に成育します。
3 手入れ 刈り込み不要です。日本の自然環境で成育するので潅水不要です。
4 雑草 土は使いませんので、雑草、虫の発生はほとんどありません。
5 保水性 自重の20倍のもの水を保水するために断熱効果に優れた素材といえます。
6 休眠 コケは乾燥すると休眠(仮死状態)します。雨水で茎葉体を広げ活動再開。

info@infinitygreen.co.jp

引き続き、じゃあ太陽光でいったいどれぐらいお得になるの?をお送りいたします。
☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞