第4回 サクラはいつ咲くの?

植物豆知識

ご覧いただき誠にありがとうございます。

 

第4回 サクラはいつ咲くの?

 

種子植物は子孫を残すことが使命です。その為に花器を形成しますが、そのもとになるのが花芽です。

一般的に植物の体は根・茎・葉から構成されます。通常成長点の周辺で葉原基というのを作り、その小葉を成長させて、光合成の面積を拡大させます。

ところが、こうした植物は、日長や温度などの環境条件の変化を感じると、葉原基の形成をやめて、花のもとになる花芽を形成します。

 

そして大事なのが植物が生殖器官である花を作るには、多くのエネルギーが必要です。

つまり花芽の形成するまでにある程度大きくなることが必要です。この栄養を蓄える時期が最も大切で、そのあとに花芽が形成されて花が咲きます。

 

サクラの場合通常発芽してから2年間は花を形成しないで栄養成長のみを行います。

そして3年目の春に花が咲きます。この花の花芽は前年の8月に形成されます。そのエネルギーを使って花を咲かせています。

 

サクラは3年目の春にはじめて花が咲きます。このあと咲き続け、毎年美しいピンクや白色の美しい花を魅せてくれます。

 

人間も同じで大小関わらず何かを始めて約2年くらいは必要な期間ということが非常に多いです。(外側には形としてなかなかみられない)時期も変わることなく毎日努力していたから形に現れるそうです。

 

話は変わりますが、

女性は子供を産みます。スピリチュアルの世界では常識ですがそれを経験するために女性としての母性を学ぶためにこの世に生まれてきていることはよく書籍やいろんなところで言われていることなので既に誰もがご存知の方も多いと思います。(男性もそうで父性を学ぶため)ただ病気ややむを得ない事情でそれができない事情を抱えている方も多いとは思います。

なんで男なの?なんで女なの?といいってもきまっている使命です。またしいていえば幼少期から無意識でスピリチュアル系の場所へ行ったり、様々な経験をしてきているうちに興味をもって学習し続けているから何か皆様にお役立てできればということでブログをかいています。私を知っている方であればわかるとおもいますが、メッセージをなんとなく受けとることが多いとしかここではお答えできません。

☆星☆という字は生まれた日と書きます。つまり自分が生まれた日というのはよく占いとかでも使われます。占いというものは特に全てを信じなくても良いですが、この世に出てきた日にちを決めたのは自分です。つまり生まれてきたBirthday の数字には既に自分も含めすべての方の使命的なことがすでに決まっているのは事実だと多くの成功者は気づいているそうです。私の場合は2という数字と8という数字です。

2という数字は2本の杖。予言者の使命を持っているそうです。また男性にも女性性というものが全員に存在して、どちらかといえば普段は根は男であっても逆が良く現れるそうです。逆に女性からみても普段男性性の強い女性は根は乙女な部分が強かったり、します。ただ環境などで抑えていることも多いのです。

信じられないという方も多いかもしれませんが、私を知っている周りも不思議がっておりますが既に気付き始めています。たまたま行った先で世界的有名人と遭遇する。などただ、皆さんに表現しているものはほんの一部にしか過ぎないということです。それ以上に自身自分でもよくわかりませんが不思議な予知的な直感的なことが頻繁によく起こっています。そしてメッセンジャー的な使命も持っているそうです。ただ年齢関係なくそれに早く気付ける人と気づけない人がいるということだと思います。

また性同一性障害の方もいらっしゃいますが、心理的な状況で色々とあり・・・とよく言われます。様々な情報が蔓延しておりますが、これを書いている私も男性ですがよく女性に間違われます。

なのでその経験もしたこともそういう人たちの気持ちになれと言われてもこれからもならないので正直はっきりわかりません。が唯一いえるとすればその性についての深い知識や経験をもとに何かを表現したり、伝えたりする職業や現世で何かを学ぶためにあるんではないでしょうか。ただこういう人達は精神的に痛みを乗り越えてきているので強い方が多いのかなと感じます。最近はメディアなどでも非常にこういう方が多いので・・・。

ただ、同じ人間であってもみんなそれぞれ違うということだけは確かです。大変失礼かもしれませんが見るからに男で俺は男だ―と吠えている人ほど根は女々しかったりする人も多く、見るからに美しい女性でも根が男性まさりにバリバリ仕事をしたり、オラオラーと男性より男性性の高いアグレッシブな女性がいることも確かです。何がいいとか悪いと言う話ではなく、人間には多くの感情をもっているということです。

 

よく施肥の時期の事について「いつ肥料をあげたら・・・」と聞かれますが、当たり前のことですが女性は子供を産みます。子供を産む前に栄養を蓄えなくてはいけません。つまり子供を産むためにはかなりのエネルギーを消費します。その為には多くの栄養をその前にあげなければ良い子供が産まれないように、花が咲く時期の前に良質な栄養をたっぷりとあげる必要があるということです。なのでその花が咲く時期や実のつく時期、その他外形に大きく変化のあrあるを産むのに、ストレスが多い人間が集まるところや、自然のないような環境、自らの健康を損うタバコの煙の多いところなどの悪環境にはいかないとおもいます。過度によるアルコールの飲み過ぎ、タバコや保存料の多く含まれた食品の摂取など・・・しないと思います。

手軽だからといって女性でもカップラーメンやレトルト食品・缶詰など保存食品には中には栄養化は高いものもあるかもしれませんが、保存料という化学的な物質も多く混入しています。よくメディアなどにも紹介されていますが体にいいか悪いかはご自身で判断していただければよいと思います。ただ、普段からそれに慣れてしまっていると歳をとった時に当たり前ですが体に現れると思います。病気になったり、感情の起伏が激しく暴力的になったり、悪環境の中でイライラしたり、ネガティブ思考が・・・それは普段の食事習慣などにも多く影響があるのではないでしょうか。今や安価で手軽ですからすぐに手にはいってしまうぶん非常に危険性も高いものです。値段の高いものでいいものを食べなきゃいけないとかではなく、自然界からの太陽や水、土などの恵みで産み出されたものがやはりいいそうです。

お肉は私も大好きで食べますが、良質な野菜とか果物などビタミン豊富なものや良質な水などをなるべく取った方がいいのではないかということです。かといって人それぞれ様々な状況があるかと思いますのでいいか悪いかはその人の価値基準の問題です。ただ意識や考え方を少しでも変えることが一番大切なんだと思います。

話は飛びましたが、皆さんが見ているサクラはとても美しいですがほとんどが既に成熟しており、毎年咲きぐせがついているものを見ています。とてもキレイですが咲くのが当たり前のものを観ています。

目線を変えて、今までは咲いていなかった若い桜が今年は咲くようなサクラの木を探してみるのも面白いかもしれません。 必ず時期がくれば桜がいたるところで満開になります。咲いてしまったらいたるところに咲いているので綺麗だなで終わってしまうかもしれません。そして時期が過ぎれば散ってしまいます。そして葉っぱだけが残り、散ってしまえば花びらは掃除がするのが大変だという方もおります。ただ、花見をするのではなくて、その中には今年生え抜きの超希少価値の高い桜も目の前に咲いているかもしれないということです。

サクラの花見のシーズンになればどこでも桜情報をお伝えしているとは思いますが少し違った角度から桜を楽しむのも面白いかもしれませんよ

Categories: 未分類