社長blog2013 6月から8月

8月「私事」

DSC_0219

皆様、8月になりました。暑中見舞い申し上げます。

最高に暑い夏ですね!毎日どこかで花火やお祭り、ライブなど夏のイベントが盛りだくさんです。毎日がウキウキで素晴らしい日々をお過ごしでしょうか?

ただ、天気は各地で変化も大きく、急な暑さの変化や急激なゲリラ豪雨など様々な災害、またある地域では水不足などといったすべての場所に大きな変化が見られます。

急な災害警告などの地域はお気を付けください。災害が起きるということは変化が生まれるということです。それは一件悲惨なことも起きますがその後いいことも起こる象徴です。

天気がいつも晴れや雨だけではないように今の世の中、ずーーと安定だけしていることはないということでしょうか?(笑)これはネガティブなように一見聞こえるかもしれませんがまったく違います。

というより、安定ってなんでしょうか?変化のないこと毎日同じで毎日規則的に毎日確実にまったく変わらず同じように流れるもの。それは時間だけです。

短期間ではなく何十年、何百年の長期の視点で考えてください。

建物や機械ですら、一定期間安定していても何十年もすれば誤作動や突然壊れたり天災で変化は起きます。

どんどん劣化し価値が薄れます。生きものも全てにおいて変化があります。すべての記録は破られ更新していきます。

つまり変化しないものは時間の流れ以外存在しないと割り切れたら人生が少し楽に過ごせるのではないでしょうか?確実に全て変化して全てはなくなるからです。

DSC_0168

日々一刻一刻と時が刻まれています。時を止めようと思ってもそれは現状では不可能な話でいつかはそういう時空間をコントロールできてしまうようなものも発明される日が来るのでしょうけど今はまだありません。いくら若くい続けていても肉体的な変化が現れるのは誰もが承知のことで、私は歳をとりませんなんてありえないのです。ただ、心とは頭の中の情報のことで若くいたいと意識して行動を起こしていれば案外若くいられるものです。

そしてもう大人なんだからと大人ぶって歳をとったなあなんて言ってなにも自分にめんどくさいからと怠慢(たいまん)になれば当然体も頭も太満(たいまん)になって鈍っていってしまいます。

いつも輝いているには輝いていられるための行動をとり続けているから、若くいられると思っています。それは内面からでる若さであり、いつも嫌な顔や悲惨な表情をしていればやはりそれが表情に出てきてしまいます。

そしてとにかくチャレンジし続けることでいつも生き生きと過ごせます。そして最悪でも最高を期待して楽しめる精神力を身に着けることです。とはいっても私もまだまだ未熟者で日々この自分との戦いを楽しんでいます(笑)もちろんうまくいかないことや、途中経過で不安に陥ることや投げ出したくなることなんか誰でもあるのではないでしょうか?ただ、そんなことばかりを気にしているよりは行きたい方向に進んでいき時間の壁と戦わなくてはなりません。どんなものにも必ず成功するとはいっても必ず時間がかかってしまい、その時間をいかに短くするための努力や知識の習得、向上心やその段階に達する精神力などの自分の成長が必要なんだと思います。ただ、無理に力を入れ過ぎたり、頑張り過ぎるとこの限られた時間との勝負に左右されてしまいます。

人はとにかく何かにのめり込むように仕事も遊びも人生を思いっきり子供の様に無邪気に楽しんでいるほうが幸せが寄ってきます。歳を重ねてくると情報も蓄積されていき、嫌な思い出が邪魔をしてなかなか思い通りにいかないこともありますがこの不安定な状態こそが変化の証です。

DSC_0170

先日、富士山が世界遺産登録されました。これってすごい変化ですよね。海外からメディアから注目を集めました。

ただ、ここで問題なのは富士山の山自体が急激に変化したわけではありません。人間が勝手に価値を作り出したから変化が起きたのです。富士山が突然標高が倍になったとかの理由で世界遺産に登録されたとかでは全くありません。前から徐々に変化を起こそうとする人がいてその行動をしていたからいろんな変化が生まれるということを伝えたかったのです。つまり変化が起きてるということは不安定なことも起きるのです。変化してるから不安定なのです。逆に不安定だから変化起きるのですと言った方が宜しいでしょうか?安定していたら変化が起きないのです。

そして生きる為の安定は誰でも望みますが安定に満足してしまっている人は変化を好みません。変化を起こし続けている人々の動きを観察していると変化を恐れているだけの人と変化を起こし続けている側の人間とに大きな違いがあるんだということに気が付きました。変化は誰の周りにも同じように起きていてもそれを感じ取れる人と見過ごしてなんにもしないだけの差でどんどん行動できる人は時間はかかっても必ず実を結ぶという不思議な事実に気付きだしました。

いくら有名になって大きなお金を持っていたり、愛する人と自分がやりたいこともやらずに死んだら幸せでしょうか?それよりも何かにのめり込み冒険している人生のほうがよっぽども素晴らしい人生が送れると思います。その情熱にいろんな資源や人が集まってくると思います。よく歳をとって一番の後悔は何だったかというと冒険しなかった・・・結局やらなかったというところにたどり着くそうです。いろんな痛みや悲しみ、思い通りにいかないからといってあきらめてしまってはもったいないということです。

男なら、I’m Dreamerだといって、小さなタルタルソースを片手に大きなクジラでも追っかけるような人生が最高だと思います。

そして大きな人生を歩む人たちの共通点に仕事(しごと)が好きだということです。そしてただ働くだけの仕事でなく自ら楽しさや向上心をもって働き休暇などにも全開で遊び人生をEnjoyする自分のlifeそのものの私事(しごと)が大好きでそれにのめり込んでいるかどうかが大切です。

私事とは自分の人生、生きることすべてにおいて仕事も遊びも人間関係も全部を含めた生き方で全て100%でいられれば最高にいつも楽しくいられると信じています。

長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございます。

そして自分の愛する人たちと大いに私事を楽しみましょう!!

DSC_0185

Thanks for ALL

7月 遠心力

いつもご覧いただきありがとうございます。

DSC_0014

 

7月になりました。暑い夏がやってきましたね!緑や水ががきらきら輝きます。

 

夜になれば花火や、風鈴の音、昼間のビーチとは思えないムーディーな夜の素敵な海。外で食べるバーベキューやビールがさらに美味しく感じたり、よく冷えたフルーツがとっても美味しく感じたり、ちょっとの風が気持ちよかったり、夏だからこその思い出なども増える素敵な季節です。

 

少し前までは梅雨の雨が嫌だと騒いでた時期が、たったの1か月で今じゃ猛暑や真夏日という高温の連続です。今度は水(雨)が降って欲しいぐらいの天気に一瞬で変わりましたね。

雨がちょっと降ってくれるだけでも気温が抑えられたり、建物、コンクリートの照り返しなど温度が全く変わってきます。水の大切さ含めここで梅雨がどれだけ大切で、目には見えてない部分で植物が生きているということがよくわかる季節でもあります。

 

前のブログなどにも書きましたがこれで天気予報のありがたみがよくわかります。本当にありがとうございます。もしなかったら熱中症だけでももっと死者がでており、病人やけが人も続出してます。その伝え方をわかりやすく表現してくれたり、適切な予報を伝えてくれてる人のおかげで、無意識で予防してくれており、たくさんの人を守り、救っているのがよくわかります。またわかっていただけたでしょうか?どれだけ温度や天候が大切か。身にしみて変化が大きい今だからこそわかると思います。特に朝早くからの天気予報はほんとに一日のスタートなのでなおさらです。これからさらに暑くなり、冬はもっと寒くなります。

 

なぜ、こんな話をするかといたしますと、別に天気が好きだからとかそんな単純な話だけではありません。

DSC_0072

代表の私の話をさせていただきます。高校時代に大学にどうしても行きたくて、家を出て、新聞販売所の寮でお世話になっておりました。通常の新聞からスポーツ紙、業界誌までたくさんの種類があり新聞配達をして高校に通ってました。

 

毎朝2時起きで朝刊を配って、高校に通って、夕刊の15時には販売所に戻って、また夕刊を配り、夜疲れながらも勉強し、また次の日の朝2時に起きて朝刊を配ってで高校に行ってた時のことを今でもよく覚えてます。ただ高校では将来必要のないと思った科目はさすがに寝てたりもしてました・・・(笑)

休みは休刊日と呼ばれる朝刊がない日が月に1度だけあり、それが月曜日の朝刊です。そして日曜日は夕刊がないので日曜日の朝刊を配ってから、月曜日の夕刊までの時間が唯一の月に1度だけ休みだったのです。そして自分の区域の集金と洗剤をもって日曜日は新規の営業もやっておりました。この休みの日とか夕刊あとや最中。また夕刊を配って食事した後の夜じゃないとお客様に会えないので再度バイクで出ていって集金にいったりもしてました。さらに学校の課題などや試験勉強などもしてました。しかもその当時テニス部でさらに軽音楽部でヴォーカルをやったり、新聞配達の仕事をしながら夏休みはampmのコンビニでかけもちでバイトしてたり今考えたら自分でも恐ろしいほど熱中症でした(笑)ただ、自慢したいとか苦労話をしたいからこのような話をしているわけではありません。もちろん過労で倒れたこともあります。

 

雨の日、雪や氷、雷、嵐、台風などの強風や日照りのきつい暑い日に睡眠不足で体力労働、雪で指がかじかんで寒いなどの様々な天気であろうと時間通りに配達しなければいけなかったので大変なのを毎日肌で感じていました。そして過労などで健康の大切さや食事の大切さを知りました。もともと体は丈夫な方ではありません。ぜんそくもありましたし、しょっちゅう風邪ひいたり、鼻血を出したり、小さい体に負担をかけ無理やりカバーしたりしてました。

そして自分が休んだら代わりにその区域を配れる人が常にいたわけではないのです。当時人も少なく各区域は自分の完全担当区域で今日は有給休暇で配りませんとかありえません!今日は体調悪いんで配れませんとかがほとんどできないような状況でした。新聞屋さんには台帳というのがあって、地図があるわけではなく、今はよくわかりませんが当時はその暗号みたいなのが順番に並びそこに自分でメモ書きした帳面をもってまわるというものでした。また、その当時は携帯電話がではじめたばかりの時代で高校生の自分が活用しているわけもなく、当時はポケベルの時代でした・・・そしてなんとか高3ぐらいでPHS(ピッチ)です。なんか懐かしいですよね!!今の様に地図がないので道に迷って、携帯で調べてなんてできません。今では高校生は便利な機能付きの携帯をもっていて当たり前の世界ですよね。

公衆電話がないとおなかが痛いとか、誰か助けも緊急事態に応援も呼べない・・・みたいな。今じゃ考えられないですよね。SNSだメール、アプリだ、ネットだなんてあったら配達にしろ管理にしろどんだけ便利だったかと・・・今なら思います。なぜなら朝刊は真っ暗くらであんまり見えないし、雨が降ったら、視界も悪く台帳は紙ですし。新聞も紙なので濡らすわけにはいきません。そして折り込みが入った新聞は結構重く寝起きの朝の配り始めは結構大変だったのをよく覚えています。最初はバイクは使えず、自転車でしたから、何度も倒しましたし、最初は手に豆もいっぱいできたりもしました。

 

携帯のような端末が当時一つあるだけでライトにもナビにも、メモにも、他の人が誰でも応援ができるデータベースなどもどれだけ楽だったかと今思います。

ただ、今は情報がネットやメディアなどあらゆるものから簡単にひろエルので昔のように新聞をとる人も新聞の重要感も少なくなったと思いますが・・・。ただそれだけ当時はネットなんてありませんし、貴重価値の高いものでした。だからこそ天気が悪かろうが通常どおりお客様のもとへ配達しなければいけませんでした。その当時から全く同じように配達しているのに怒鳴り込んできたり、冷やかして来たり、文句ばかり言ってる愚かな歪んだ人間(当時は大人)とほんとに大変さを理解してくれて集金に伺うとちゃんと感謝できる人間がいるんだとまだ子供ながらに気づきました。これは配達だけやっていたら気づけないことで、集金があってお客様とリアルにコミュニケーションとったり、新規の開拓もやっていたから気付けたと思います。それだけ働いていても給料とかもものすごく安いですし当時はほんとに大変でしたけどほんとに若いうちに価値ある経験を積めたことはある意味神様からのギフトです。

 

ですから天気によって新聞を袋詰めしたり、予備の袋を用意したり、レインコートをきて、どういうふうに配れば濡れないようにポストに投函できるかなどの配達の準備から方法が全く違う事を身をもって体で覚えていくのです。そして天気によってコースを変えたりいかに効率よくというのをその時から勝手にやっていました。また慣れてくると直感も働くようになり、空を見たり、風を感じるととこれはすぐやむとか、明日雨だなとかなんとなくですがわかるようになってきます。風の吹き方とか、これは外で働く方には誰もが持つ感覚だと思います。そして特に植木職人さんの中にも多いと思います。そして、大雨だろうが氷が降ろうが強風に吹かれようが、路面が雪で凍ってようが、今でも体格は小さいですが、その当時はもっと小さな体でお客様の新聞をいかに濡らさないように重たい新聞の束を毎日毎日配って高校に通ってました。しかも高校は給食があるわけではないので自分で弁当を作ったりもしてました。そして何度も失敗しながら工夫や、走り方を変えたりもして楽しんでいました。そして死にそうになりながらも身をもってたくさんの経験しました。

 

ある日、雪の日にバイクでスリップして確実に死んだと思った経験もあります。ただ奇跡的にもいろんな何かが重なって頭から突っ込み、走馬灯のように時が止まり死んだと思っていたはずなのですが・・・体が何かの御縁なのか護援で緑の木にかすったおかげで外側に力が加わり遠心力が働き助かりました。これを援神緑(エンシンリョク)と自分では呼んでいるのですが(笑)

 

この時にあれっ??絶対死んだのにと思ったのに死んでない。。。生かされてるということに少し気づき始めました。そのあとも何度か死にそうになった経験はありますが・・・皆さんの中にもこういう経験をされたことある方もいらっしゃると思います。精神的に苦しいとかは誰でもいつでもあると思いますが、確実に終わったと思ったけど、生きてたこと。

 

そして天気は転機というように雨が上がって天気が良くなっただけで気分がかわり、そのいい気分の状態で行動が一瞬で変わり転機が訪れたりもします。植物は特に気候や自然環境、天気によって生長が全く変わります。人間も動物も同じです。また気持ちや考え方が変われば、一瞬で変化が起きます。

 

そして遠心力のおかげで生かされたように、誰かが必要としてくれてる人がいるからこの世の中に自分が存在していると私は信じています。そしてこれを読んでいただけている皆さんもそうだと信じています。そして、たくさんの方の力が必要であり、たくさんの方々に支えられて生きています。

 

皆様の中には天気の話のことについて過剰に変な反応を示しておられる方もいるようですが、全て意味があることにご理解いただけると幸いです。

 

これからさらに多くの方に役立てられるよう、また、遠心力で外側に大きく働きかけるような力を増して、より一層の努力と援神緑を信じて、日々の暮らしから皆様にも何かを伝えられたらと思っております。長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございます。

DSC_0069

6月 爽快感

皆様、6月に入り梅雨の時期ですね。ムシムシ暑いですがこの梅雨というイメージどうとらえてますか?

DSC_0076

人によっては蒸し暑くていやだなどのネガティブに思われる方も多いですが、いろんな作物が実る時期でもあります。

人間もそうですがほとんど水分でできており、とても大事な役割をしています。植物も梅雨がなかったら夏を乗り切れません。

これから暑くなるのに水分をストックしなくてはいけませんから。また気温の変化で熱中症にはお気を付けください。酸素であれ、食べ物であれ、癒しや治療、燃料や資源など植物から

多大な恩恵を頂き日々感謝しなければいけません。それをいたわる方や心から大事にする方はたくさんの恩恵を植物からも頂きいろいろ助けてもらえます。

これは普通にしていたら感じられない不思議なことが事実起こります。

だからこそ管理されている方や所有している方はメンテナンスや適切な手入れを定期的に行わなければいけないのではないでしょうか?

愛するお庭が伸び放題伸びてしまうとなんだか、せっかくの気分がみすぼらしい。ぼさぼさで見苦しい

せっかくの素敵なお庭がなんか汚らしい・・・

虫がついたり、蚊がわいたり・・・

樹木の内側が枯れてきてしまいなんだか急に弱ったりしてる・・・

花があまり咲かなくなった、実がつかなくなった・・・

感じているのは気のせいでも木のせいでもありません。そして全て、環境のせいだけではありません!

DSC_0073

そして梅雨なのに雨が降らない、急に降りすぎる、季節外れの台風が来たり、気温の変化や地震その他の環境が以前とは全く変化しています。時代は既にお気づきのように変わっています。ただ、この変化に気付いているのに気付かないふりをしようとする変化させたくないようにする方も多く見られます。

後で後悔しないためにも今誰が正しくてではなく何が正しくてを見極めなくてはなりません。

まわりのお家はいつもキレイに植木屋さんやメンテナンスをしているのに、何かを理由に言い訳してそのままにして気が付いたら・・・!?

またいつもは自分でやっていたから・・・と技術や道具、時間などプロがやるのと違うのを知っているのに安く安くをお求めすぎると結局損をします。もちろん値段は安く抑えたいのは誰でも一緒です。ただ、普段の日常で必要なものにはそれなりの安い物を手に入れたらいいと思います.またそれを見つけるのも楽しみの一つかもしれません。

ただお庭は生きものであり、ペットを飼っている方はわかると思いますが人間も生きていれば、ペットも生きています。そしてお庭も生きています。家庭と言われるぐらい家と庭は日々の暮らしの生活の中でとても大切なものです。

いいものを買ったりいいものを観るとやはりそれ相応のいい結果がご自身にも返ってきます。一番よくないのが恥ずかしいからを理由になにもしないのが一番よくないと思います。一本の電話やお問い合わせで変わるかもしれません。

他の業者様が苦手とする高所やとくに狭所などやりづらい場所も当社では対応してます。またお客様のご要望に応えるべくより一層の努力をさせていただきます。

ただむやみに安くではなくどうしたら樹木や今後のお庭のコンサル含めどうすればリーズナブルになるかの適切なお見積りを致します。当社は値段的には相当安いと感じていただける方がほとんどのようです。そして全て必要な方のためにリサイクル致しますのでご安心ください。無料で農家の方への肥料やチップ、また燃料など必要な方のもとへ大切な資源に変わりますのでお客様のお庭で剪定、伐採、除草で発生したごみとなるものが農家の畑などに循環されるということはいつも何気なしに食べている口にしている野菜や果物などで循環されているのです。自分が美味しいと感じるということは周りの誰かも美味しいと感じているのです。それってすごく素敵なことじゃないでしょうか。自分だけではなく他人が喜んでくれる。お客様のお家で出したごみが肥料となりそれが美味しい食べ物に変わっているということはそれだけで社会に大きな貢献をしているのです。

お家の中や心の中と一緒で、すっきり、キレイにすればよいだけなのです。

今がチャンスです。このブログがきっかけで・・・たった一本の電話がきっかけで・・・日常生活のイライラやストレスなども一気に解消され、安定した安らげる暮らしができます。笑顔が取り戻せます。

ご近所に伸びてご迷惑になっている枝や電線にかかってしまっている!外にはみ出して通行の邪魔になっている。

枯れ枝などが落ちてきそうなどのちょっとしたストレス原因をなくせば日々の暮らしに大きく影響するのは言うまでもありません。

光が差し込み、キレイに輝くお庭をイメージしてください!

美容室、理容室にいった後のあの爽快感!

エステやマッサージに行った後のあの爽快感!

お風呂上がりの爽快感!

お掃除した後のあの爽快感!

それが持続できたらどんなに素敵なHAPPYな毎日が過ごせるでしょうか?

DSC_0063

ご依頼を頂くときのお客様の顔と施工後のお客様の顔も変化しキレイになりましたねと輝いています!!そしてなによりご近所の方がキレイになりましたねと声をかけていただくことがほとんどです。

弊社ではお客様のお庭を施工するのは1日とか数日かもしれませんが、お客様は毎日であり、一生です。また近所の方はお客様のそのお庭をよく観ています。技術がどうとかではなくお客様のお庭事情に詳しい方とかによくキレイになりましたね!と声をかけられ、そこからお話しすることもよくあります。当たり前ですが我々業者よりも詳しく、毎日通ってみているご近所目線からのお話も伺い色々勉強させていただき本当に感謝いたします。

また枝を落とした後は少し切り過ぎなんじゃ・・・と美容室などで髪を切った後みたいに気にされる方もご心配する方もいらっしゃいますが、

適切な剪定などをしております。また伸びますし、変化になれていないだけで気持ちの問題で数日すればすぐにそれになれてしまいます。また光が入って輝くお庭をふと見たときに

むしろあーよかったとおもうほうが多くなります。

それが人生と同じように自然のことだからです。

ただ、すっきりしたときのなんだかキレイになったあのウキウキな気持ちから得られるものはぼさぼさでみすぼらしいなと感じてたときとは全く異なり幸せを引き起こす毎日に変わります。

いつも元気で輝いている幸せそうな人たちはそういう教科書に書いてあるようなこと以外の大切なことをしっかり理解している人だと私は考えます。

けして財産や身分や名声だけではありません。一日でも楽しい毎日を過ごすのであれば今日を楽しく幸せを感じるために身の回りにいい状態の環境を整えることだけです。この機会に是非ご相談ください。

ご心配はいりません。お見積りで伺うと当社のお客様の約90%がそういったことが大体の不安要素の原因だったことが明らかにされています。

そしてキレイになったお庭で素敵な笑顔と感謝をいつもいただきます。

皆様本当にありがとうございます。

現在会員様限定のブログの加入者を募集しております。ご希望の方またご興味ある方は申込み(お問い合わせ)フォームからお願い致します。

通常のブログでは一切公開しない特別な内容を会員様限定でご覧いただくことができます。

優良な方だけに通常のブログとはまた一味違ったブログの内容を更新していきます。

また過去に掲載したブログ等も毎回配信する内容とは別に見ることができます。

宜しくお願い致します。

DSC_0061

THANKS FOR ALL

プレミアムメンバー限定ページの内容少しだけ公開してます・・・

代表を務めます、西片裕之のプロフィールを少しだけお伝えいたします。

幼少期より経済的にはとても豊かとは言えない家庭で育ち、高校時代から新聞販売所で住み込みで働かせてもらいながら、通学しておりました。毎日2時に起きて、新聞を朝配って、高校に通い、夕方3時ごろから夕刊を配っての生活です。雨も風も雪も台風も一切関係なくチャリかバイクを走らせ配ってました。休みは月に1度休刊日といって、第2月曜日の朝刊のときと日曜日の夕刊のみ。そして日曜日の夕刊がない時は自分の配布地域の集金と勧誘に行ったりするので正直休みは月半日で高校に通いながらの生活をして大学に行きました。そして大学入学後、さまざまなアルバイトをし、派遣会社を通じて某光通信系の営業会社で毎日200人近い営業スタッフの中で4週間でトップになり、そこで・・・・Member

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です